So-net無料ブログ作成

王様の涙 スペイン産赤ワイン [赤・スペイン]


やっす!と思わず言葉を発してしまうようなワイン。
なんと言っても、名称が溜まりませんね。

 完全に、ラクリマ・クリスティを思い出します。
ラクリマ・クリスティとは、スペイン語で、キリストの涙がかかった葡萄の木があり、その木の葡萄から造られたワイン、という意味です。

 こんなワインが、きちんと温度管理されて、日本でも飲めるという状態、これは素晴らしいですよね!
昔、初めて日本にワインが輸入された頃は、野ざらしの状態で、ワインが輸入されていたそうで、船の上で、日光に当たり、沸騰した状態になってしまい、酸化した、美味しくないワインだったそうです。
 それを美味しい状態で持ってくるにはどうしたらいいか、という事を考え、コンテナに入れての輸入を開始したみたいですね。

 それでもまだまだ、温度管理でいうと厳しい部分があるのかもしれません。
よく、輸入関連でも、関税を通るかどうかで、かなり時間がかかる事もあるそうですし。


 東日本大震災以来、円高状態は続いていますが、日本に、モノが入ってこなくなる状態になったりしています。
 本当に安いワインが飲めるのも、いつまで続くか分かりませんが、本当に今は、日本に居ながらにして、世界中のワインが飲める状態だと思います。

 今の機会に、是非!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。