So-net無料ブログ作成

アメリカ、カリフォルニアワインについて [赤・アメリカ]



アメリカワインについて最近話していますが、今回は、更に深く掘り下げてみようと思います。
今や世界のワインコンクールでヨーロッパに並ぶ優れた成績を残しているアメリカワイン。

日本国内でもカリフォルニア州が有名ですが、ワシントン州、オレゴン州、ニューヨーク州でも、ワインは造られています。
それでもやはりカリフォルニア州がアメリカワインの発祥の地となっており、アメリカ全体の
ワイン生産量のうち、カリフォルニア州が90%を占めています。

今回紹介するワインは、そんなアメリカはカリフォルニア州の中でもソノマ地区で作られた、
ジンファンデルという種類のぶどうを使ったワインのご紹介です。

こちら、まず、取り寄せ商品となります。
つまりは、一般的には、日本国内ではそこまで著名ではありません。

まず使われているブドウについてですが、イタリア発祥のジンファンデルという種類になります。
現在では、発祥地のイタリアより、アメリカのほうがその生産量は多くなっており、アメリカでは
一般的に使われるブドウとなっています。
フランスはボルドー地方発祥のカベルネソーヴィニヨンに比べ、素朴で力強い印象です。

ソノマ・カウンティ・ジンファンデルという名のこのワイン、ブラックベリーとラズベリーの風味、ヴァニラのようなアロマを持ち、バランスのとれた仕上がりとなっており、アメリカでは代表的なワインになっています。

ソノマ地区は、山岳地帯では年間雨量が2000ミリと非常に多く、夏にかけてはとても暑くなります。
丘陵地帯については、年間を通して温暖な気候になっています。

すぐ近くの有名なナパ・ヴァレー地区では、かの有名なオーパス・ワンも造られており、その気候の良さは折り紙つきです。

以前のアメリカとは比べ物にならない、しっかりしたワイン大国のワイン、価格も2000円台と、地域の特色を思い浮かべながら飲むワインとしては、最適なワインかと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます