So-net無料ブログ作成

ドイツ産、猿が宿っているワイン! [ワインセット]



最近ドイツワインを紹介することが多いですが、甘めのものが多く、癖も強くないものが多いので、
自分としては、ドイツワインは好きですね。
どこの国もそれぞれ独特の特徴がありますけど、ドイツワインに関しては、飲みやすいもの、をいう
イメージがあります。
歴史の重みを感じるフランスや、どことなく陽気な雰囲気があるイタリアワイン、日本ならではの国産ワインも、勿論それぞれ好きで、どれか一つの国だけを選べといわれても、中々選べませんけどね。

さて、今回は、ドイツは南部に位置する、バーデン地方。
中学校の教科書にも出てくるライン河の最上流地域のボーデン湖。このボーデン湖は、スイスとドイツの国境にあります。
そのボーデン湖から北側、ハイデルベルクまでのライン河東岸に広がる地域で、約15.800haもの広さのブドウ畑があります。

EUにおいては、北から南へ、ワイン地帯を気候条件によって、A,B,Cのランク付けをしています。ドイツはEUでは北側に位置するので基本的にA番地帯になるのですが、このバーデン地方だけは、唯一フランスの一部地域と同じB番帯になります。
ブドウ品種としても、シュベートブルグンダー種(=ピノ・ノワール)、グラウブルグンダー種(=ピノ・グリ)が多く、その事からもB番帯といえます。

そこで有名なのが、アッフェンターラー。猿が入っているわけではありませんが、この猿の彫り物、ちょっとやそっと最近のものではなく、きちんと歴史があります。
13世紀、修道尼によって、すばらしいワインが造られました。これは、「アベマリアワイン」と呼ばれていました。それが、アッフェンタール=猿の谷、と呼ばれるようになった事から、この名前のワインの瓶には、猿が彫られるようになったのです。

味わいは軽くて飲みやすい口当たりで、フランスと似た気候ながらも、実にドイツらしさを表現している、ドイツを代表する一本(二本?)ともいえます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます