So-net無料ブログ作成

世界が認める第一級シャトー シャトー・ラフィット・ロートシルト [赤・フランス]


シャトー・ラフィット・ロートシルトは、第一級の5大シャトーとしてはもっとも著名で、銘酒の中の銘酒であると言えます。この畑は、大変歴史が長く1868年に、およそ1世紀に渡って所持していた当時のセギュール家が、オークションに出し、ロートシルト家が440万フラン(今の日本円に換算すると、約8000万円)で競り落としました。

 このワインを最も気に入ったとして有名な人は、ルイ15世であるといわれています。
大変に酸味と苦味のバランスが良く、カベルネ・ソーヴィニヨン種を使ったワインの中では、最も繊細である、とも言われています。

 相場としては、値段もつけがたい事もありますが、セカンドラベルでも1~2万円、ファーストラベルになると、7,8万円は下らなく、ワインコレクターも喉から手が出るほど欲しいワインになります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます