So-net無料ブログ作成
赤・フランス ブログトップ
前の10件 | -

これは、買い!数量限定の1本限りのボルドーワイン。 [赤・フランス]


いやぁ~ネット関係を調べていると、こういう当たりワインがあるんですよね。
飲みやすいチリワインも、低価格のもありますが、そちらはあくまでも、
飲みやすい中から、価格の抑えた物を選ぶというだけで、ワンコインワインの中では、
こちらがおすすめですよ、というものです。

しかも美味しいワインは、もともとワンコインであっても、大抵、1・2年経つと、価格が
あがってしまうものが多いです。

今回紹介したボルドーワインも、本当にいつまで出来るかわからない、数量限定となっています。
このいつまで出来るかわからない、というのは、本当に分からないんだと思います。
理由としては、海外輸入品だから、です。

日本語のラベルや説明があり、ワインを身近に感じていると、ついつい忘れがちになってしまう
のですが、大抵のワインは、海外からコンテナに詰まれて運ばれてきます。

有名なシャンパン等は、単純にクリスマスや年末が近づくと、世界中で消費されるので、
毎年数に制限がかかります。

こういったワインも、例えば天候の変化一つとっても、海や産地に与える影響は、想像している
よりも厳しいもので、日本で生活している人にとっては些細な事でも、実際は大問題、という事も
多いにあります。

そういった中での、こちらのワイン。
ボルドーワインでワンコイン。しかも、数量限定。
正に掘り出し物、といった感じですね。
今回のワイン、見逃す手はないですね!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シラー種を使ったワイン シャプティエ コート・ロティ [赤・フランス]



フランスはコート・デュ・ローヌ地方より。
シャプティエ社の、点字が入ったラベルでもおなじみ。
高級ワインの一角。コート・ロティです。

シャプティエ社のコート・ロティは、シラー種100%で、モノ・セパージュです。
セパージュとは、フランス語でぶどうの品種を指す意味で、100%を、より強く
証明するものになります。

 シラー種を100%使っているので、シラー種を意識して、シラー種の良い所を、
しっかりと堪能してくださいね~と、言っているワインなんですね。

 ブラックベリーやスミレ、黒胡椒、オリーブの香りがある、力強さを感じるワイン。

ラベルに点字が打たれている事で、目が見えない方にも分かるよう、工夫がされています。
何故、点字を打ったのか、思いを馳せながら、1本8000円~12000円前後する
この高級ワインを、暑い日には、キンと冷やしたチーズをお供にマリアージュを!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラベルがとてもフランスワインとは思えない ラ・パッション・グルナッシュ [赤・フランス]


 どうですかね、このラベル!一見、歴史深く、法律も厳しい、厳格なイメージのあるフランスワインとは、大分違いませんか?
 凄くお洒落で、可愛らしいボトルですよね!

 昨日の記事でお約束していた、「グルナッシュ」と言えばこのワイン!と、簡単に覚えれそうな、ラベルデザインをしていると思います。

 味はどうかというと、ミディアムボディで、ある人が言うには、最高の旨安ワインである!という評価をつけている人もいます。
 
南フランスのスペインに近い、ルーション地方にて造られ、アルコール度数は15%未満と、通常よりは大分高く、グルナッシュ品種の熟成が高い事が、容易に想像できます。

 リアル・ワイン・ガイドという本では、旨安大賞を取り、その表紙を飾った事もある、非常に高評価を受けているワイン。
 デイリーワインとして、最適です。
価格も1100円と、納得の品質と価格。


amazonは、少し高め。でも、白もあるのを思い出しました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワインを香りで分類してみるー青胡椒の香り、フランス産赤ワイン ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエール [赤・フランス]


 いや、青胡椒と言っても、もろに青胡椒の香りがするわけではありませんし、とても飲みやすい仕上がりとなっているワインです。
 フランスはラングドック・ルーション地方より3000円未満で楽しめる、少し風変わりだけど、きちんと歴史のある赤ワインになります。
 
 色は濃いルビーのような色をしていて、コク、渋み、共に5段階中4段階目の、濃い赤ワインになっています。
 口当たりがやわらかく、濃厚で力強さを感じるワイン。青胡椒のような香り、越した黒い果実の香りを持つような、芳醇な香りを感じて、ブルーチーズなどの、多少癖のあるチーズと共に、楽しみたいワインです。

 1999年に、ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエールが、新しくアペラシオンに認定されました。

アペラシオンとは、主にフランスの法律における、産地を示す呼び名になります。
著名な所で行くと、マルゴーや、シャンボール・ミュジニーなどが挙げられ、ワインを飲む人が、そのアペラシオンを確認する事で、どのようなワインなのか、想像する事が出来る、という事です。

 つまり、どういう事かというと、フランスの人は、ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエールと聞くだけで、どのような味か想像がつく程、フランス国内では著名なワインだという事です。
 フランス人が、名前を聞くだけで味わいを想像できるようなワイン、つまりこれは、一般的に飲まれていて、又、飲んでいる人が多数居る、フランス国内でも、人気のあるワインだという事が分かります。

 濃厚な味わい、薫り高い味わい、青胡椒のような香りのするワインとはどういうものか、お試ししてみるには、最適なワインです。


今回は、ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエールが出てきたのは、楽天市場だけでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

素晴らしい!楽天ランキング赤ワイン1位!ドメーヌ・カミュ・シャルム・シャンベルタン 2005 [赤・フランス]


超当たり年と言われる、2005年もののドメーヌ・カミュ。
カミュという名前、久しぶりに聞きました。

 いつ聞いても一線を画したワイン、非常にハイランクなワインだという印象を受けます。

このワインを楽天のランキングで見つけた時、非常にうれしい気持ちになりました。
というのは、このワイン自体は、実質楽天ランキングでは6位に位置しています。

 他のランキングでは、単品ワインとしては、3位のモエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアウが1位ですが、こちらは、スパークリングワインになります。

 1位、2位、4位、5位は、セットワインとなっており、中には安さを推す商品もあり、何か名前の通ったワインがあるのかなぁと思ったら、そこまでではありませんでした。

 そんな中に、単品で1万円を越えるワインが入っていて、とりあえず安いワインだったり、お任せのセットになっているワインではなく、一本のワインに、価値を感じる人が、多くいるからこそのランキング入りだよな、というのを実感しました。

 画像をクリックしていただければ商品ページに飛ぶのですが、自分なんかが偉そうに話を出来るワインではありません。どれだけ付加価値のあるものなのか、とても詳しく書いてあります。
 余りワインに興味の無い方も、そうでなく興味のある方も、このページを見るだけで、知識が深まり、かなり興味を持つワインになっていると思います。


 よくある通販でのお買い得!とは、訳が違います。
評価額は、300から、800ドルと出ていて、3万~8万円が市場適正価格といわれていて、そのワインの実際の売値が約1万1千円。

 このときを逃さないほうが、きっと後悔しません。


参考までに、他のヴィンテージや、違うクラスのものも含めて、紹介します。
ちなみに、アマゾンでも、価格は同じです。



↓今回紹介したのはこちら↓

価値あるワインを、価値のある自分に。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まさかのピーマンの香り!? シノン レゼルヴ プリヴェ フランス産赤ワイン [赤・フランス]


 いやぁ、自分もびっくりしてしまいました。
まさかの、ピーマンの香りがするとは。
シノンというと、一般的には、軽い赤ワインのイメージがありますが、このワインは、格付けワインにも匹敵すると言われる、プレミアムワインとなっています。
 ベリーに混じって、ほのかに香るピーマンの香りがします。

 味わいはフルーティーで、タンニンもありますが、とても細やかで、飲み口の良いワインとなっています。こちらのワイン、2000年頃であれば、容易く手に入ったのですが、今では、すっかり入手しずらいワインとなっています。

 言い方を変えてしまえば、どのようなワインでも、今あるワインは今の時代ならいつでも買え、手ごろな値段で買えますが、時間が経つと、単純にそのワインが無くなってしまったり、同じ値段では買えなくなってしまいます。

 又、以前にも言いましたが、高級ワインを、一部の富裕層が買い占めてしまい、中々手に入らないのだとか。

 こちらのワインが造られたフランスのロワール地方は、フランス中央部から大西洋まで、約1000キロにも及ぶ長い河の近くです。フランスの庭とも呼ばれ、パリの南西に位置します。観光地としても有名で、中世の古城が沢山並ぶような地方で、AOCワインが沢山作られているような地方になります。
AOCワインとは、フランスでのワインの格付けになっていて、IGTなどはイタリアで使われる、ある程度の品質を誇るワインの事を言いますが、これは又今度、説明しようと思います。

 この格付けについてですが、自分も「そんな勝手に誰かがつけて評価でしょ」と思っていたのですが、やはり歴史のあるフランスでの格付けは、信用できます。
 日本人の評論家なんかが勝手に格付けをしたワインとは違うので、知れば知る程奥が深いのが、ワインの面白さになります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

世界が認める第一級シャトー シャトー・ラフィット・ロートシルト [赤・フランス]


シャトー・ラフィット・ロートシルトは、第一級の5大シャトーとしてはもっとも著名で、銘酒の中の銘酒であると言えます。この畑は、大変歴史が長く1868年に、およそ1世紀に渡って所持していた当時のセギュール家が、オークションに出し、ロートシルト家が440万フラン(今の日本円に換算すると、約8000万円)で競り落としました。

 このワインを最も気に入ったとして有名な人は、ルイ15世であるといわれています。
大変に酸味と苦味のバランスが良く、カベルネ・ソーヴィニヨン種を使ったワインの中では、最も繊細である、とも言われています。

 相場としては、値段もつけがたい事もありますが、セカンドラベルでも1~2万円、ファーストラベルになると、7,8万円は下らなく、ワインコレクターも喉から手が出るほど欲しいワインになります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シャトー・レ・パナシュ2010 木箱セット [赤・フランス]



フルーティで渋みの少ないミディアムボディのワイン。
ワンランク上のワインで、通常は1本2000円はするワインですが、今回は、6本セットの購入をする事により、色々なインテリアにも使える木箱セットのワイン。一本当たり何と、半額以下の1000円での提供になります。
 メルロー65%、カベルネソーヴィニヨン30%、マルベックが5%になっていて、非常に親しみやすいワインとなっています。

 ワインの木箱ですが、飲んだワインのコルクを取っておいて、コルクを一杯敷き詰めて、ボンドなどで固めて、コルクボードチックな木箱にしても、とてもオシャレですよね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

楽天市場でのボルドーワインランキング作成してみました フランス産赤ワイン [赤・フランス]

楽天市場での、ボルドーワインのランキングの作成をしてみました。
やはりワインといえば、楽天市場。
 レアなワインや、取り扱いの少ないものを探すならまだしも、ワインの品質や、輸送の関連、
そしてワイン専門店の多さを考えれば、楽天市場がダントツで一番ですね。

 今回は、最も人気が高く、最近では金賞受賞ワインも大幅に値下げが進んでいる、フランスの
ボルドーワインです。

是非、参考にしてみてください。
又、レビュー数ですが、多いほど、買っている人が単純に多いという事で、これも信憑性の増加につながりますね。
ワインで、良い夏をお過ごしください。
1
ドラジェ厳選!赤字覚悟の398円ボルドーワイン!!【※お1人様1本限りでお願いします】
レビュー(1,702)
2
金賞 送料無料【ワイン6本セット】【一流TOPコンクールの金賞受賞ワインセット】【送料無料】ボルドーワイン 赤6本セット 【RCP】
レビュー(39)
3
【送料無料】 <第34弾> 超優良2005年AOCボルドーワインセット(赤5本) 【smtb-T】【あす楽対応_関東】 赤S
レビュー(26)
4
【送料無料】スペイン カンポフリオ 「パレタ・セラーナ」 生ハム(原木)生ハムホルダー&ナイフ&ボルドーワイン付き!【楽ギフ_のし】【楽ギフ_メッセ】【RCP】【10P24Aug13】
レビュー(27)
5
【送料無料】<第9弾>ボルドーワイン10本セット!【※お中元や誕生日などのギフト・プレゼントにも!】
レビュー(26)
6
*145 【送料無料S】【smtb-T】特選シャトー ボルドーワイン 6本セット【P10r】
レビュー(11)
7
店主おまかせハウスワイン6本セット 金賞ボルドーワイン、キャンティ、ハウメセラなどのみ比べセット
レビュー(13)
8
金賞ボルドーワイン6本セット 第5弾【smtb-k】 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】
レビュー(18)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラ・パッショングルナッシュ 奇抜なフランス産赤ワイン [赤・フランス]



フランス産とは思えないラベルのラ・パッショングルナッシュ。
フランスでも余り知られていない、モーリーという場所の産地になります。

色々なコメント等々ありますが、このワインで特筆すべきは、そのアルコール度数。
通常のワインは大体12-14%や、10.5%未満、という物が一般的なのですが、
このラ・パッション グルナッシュのアルコール度数は、15%。

 様々な売り文句が見たければ、下記からどうぞ。

ラ・パッション・グルナッシュ 2011


もし購入の際は、最上部のリンクが、一番安いですね。

 オークションに出品するような商品でも無いし、何より品質管理は、やはり酒屋だったり、
豊富なワイン品揃えを取り揃えているお店が安全かと思われます。

 このワインの品質管理については、色々な記事で少しずつ触れて来ましたが、数学の
答えを導き出すような考え方で、何故大型店が良いのかが分かります。

 1.ワインを数十~数百種類取り揃えるには、品質管理に自信がある。
 2.ワインは、味が変わりやすい性質を持ち、早めに飲まないと、酸化し、品質が落ちる物もある。
 3.ワインに詳しい人が居ると、そこに人が集まる。
 4.ワインを飲みたい人が集まれば、商品は回転する。

 ちょっと荒っぽいですが、大体上記のような考え方になりますね。
明日も、外でBBQを楽しみながら、ボルドーワインを飲んでこようと思います。

 夏に、外で飲むワインというのも、また格別です。
美味しかったら、紹介したいと思っています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 赤・フランス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます