So-net無料ブログ作成
ワインセット ブログトップ

ドイツ産、猿が宿っているワイン! [ワインセット]



最近ドイツワインを紹介することが多いですが、甘めのものが多く、癖も強くないものが多いので、
自分としては、ドイツワインは好きですね。
どこの国もそれぞれ独特の特徴がありますけど、ドイツワインに関しては、飲みやすいもの、をいう
イメージがあります。
歴史の重みを感じるフランスや、どことなく陽気な雰囲気があるイタリアワイン、日本ならではの国産ワインも、勿論それぞれ好きで、どれか一つの国だけを選べといわれても、中々選べませんけどね。

さて、今回は、ドイツは南部に位置する、バーデン地方。
中学校の教科書にも出てくるライン河の最上流地域のボーデン湖。このボーデン湖は、スイスとドイツの国境にあります。
そのボーデン湖から北側、ハイデルベルクまでのライン河東岸に広がる地域で、約15.800haもの広さのブドウ畑があります。

EUにおいては、北から南へ、ワイン地帯を気候条件によって、A,B,Cのランク付けをしています。ドイツはEUでは北側に位置するので基本的にA番地帯になるのですが、このバーデン地方だけは、唯一フランスの一部地域と同じB番帯になります。
ブドウ品種としても、シュベートブルグンダー種(=ピノ・ノワール)、グラウブルグンダー種(=ピノ・グリ)が多く、その事からもB番帯といえます。

そこで有名なのが、アッフェンターラー。猿が入っているわけではありませんが、この猿の彫り物、ちょっとやそっと最近のものではなく、きちんと歴史があります。
13世紀、修道尼によって、すばらしいワインが造られました。これは、「アベマリアワイン」と呼ばれていました。それが、アッフェンタール=猿の谷、と呼ばれるようになった事から、この名前のワインの瓶には、猿が彫られるようになったのです。

味わいは軽くて飲みやすい口当たりで、フランスと似た気候ながらも、実にドイツらしさを表現している、ドイツを代表する一本(二本?)ともいえます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラウカ シャルドネ [ワインセット]




アナーネ、キュヴェドレストラン、ラウカ。この辺りのセットは、一度は味わって欲しいなと思うセットですね。
実は、中々飲めないワインなんですよね。
 自分が今働いている環境でも、ワインを取り扱っていますが、自分のところでも取り扱っている
ワインがよく、含まれていますが、一度は飲むべきワインが、本当に良いセットだなぁと思えるような、
必ず入っているセットですね。

ワインが美味しい時期に、ぜひ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コノスル・ヴァラエタルシリーズ 飲みやすいチリワインをお得なセットで [ワインセット]


 チリワイン。自分は大好きです。飲みやすいワインといえば、とりあえずチリワインだな、という
感覚があります。
 
 色々な雑誌に取り上げられたり、本当に注目を味わったり、という事はありませんが、この、
ワインコインワインに少し毛が生えた程度で手に入るワイン。

 これがまた、美味しいんですよ。

 私は、コノスルというワインについて、色々な思い出があります。

 まず何よりも、自分にワインを味わう、楽しむという事を教えてくれた人。

 彼は、決してワインを毎日飲む程裕福ではありません。

 勿論、自分よりは給料を貰っていますが、酒屋の上司になります。

 酒屋は、余り給料が良い職業ではないので、どれくらいか、具体的には分かりませんが、
恐らく、月に30万も稼げてはいないと思います。


 そんな彼ですが、ワインアドバイザーの資格は持っています。
そして、恐らく地元福島では、最も、といっても過言ではない程、ワインを売っています。

 そんな彼が、大体週明けになると、ワインの空瓶を12~3本持ってくるんですね。

 その空瓶の銘柄を見たりするのが好きで、よく見させてもらっていました。

 やっぱり、コノスルがうまい。

 この言葉が、自分がよくワインを飲みたいという人と接する中で、お話する機会がありますね。

 チリワインでは、自分の中では、最も有名であるとも思います。

 是非一度、味わってみるべきワインであると思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
ワインセット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます