So-net無料ブログ作成
貴腐ワイン ブログトップ

世界の三大貴腐ワインの一つ、トロッケンベーレンアウスレーゼ [貴腐ワイン]


三大貴腐ワインの中では、価格が最もリーズナブルになる、ドイツで造られた、
トロッケンベーレンアウスレーゼ。

 以前にも書いたのですが、この暑い季節には、こういう、甘い貴腐ワインを、ロックで
飲むのも、本来のワインの楽しみ方としては邪道かもしれませんが、美味しく感じるものです。

 まぁ、ワインというと、格式のあるもので、お堅いイメージがあるものでもありますが、
それゆえ、プレゼントしたり、お祝い事ではスパークリングワインが使われたりと、
贈答にも、便利なイメージがありますね。

 しかし、造った人のことを考えるなら、やはりおいしく飲んでもらいたい、という気持ち
から造ってると思われるので、飲む人が一番楽しめるのなら、それで良いのではないでしょうか?

 こちらのトロッケンベーレンアウスレーゼは、価格は、3千円前後。
高級ワインといわれる貴腐ワインで、しかも世界の三大貴腐ワインと名の知られているものと
しては、非常に安価、とも言えます。

 実際は、ワインの価格は、あってないような物で、希少性が上がる程、うなぎ登りになるもの
ですからね。

 三大ワインのほかの価格としては、フルボトル750mlを基準とすると、比較で見てみると、
とんでもない価格です。

フランスのソーテルヌのシャトー・ディケムが、約4万円。

ハンガリーのトカイのエッセンシアが、約5千円。

エッセンシアに関しては、ワインの価格で見ればそこまで高価ではないのかもしれませんが、
それでも、5千円は、自分には、ぽんと出せる価格ではありません。


 さて、国も名前も違うこの3大貴腐ワインですが、同じようなものなのでしょうか?

貴腐ワインとしてのメカニズムは勿論同じなのですが、産地の違いは、
酸とアルコール度数の違いを産みます。
 
 ドイツは涼しい気候なので、フランスのソーテルヌから比べると、ぶどうが熟成するのに、
より長い時間がかかります。
 長い時間がかかるという事は、リンゴ酸が減少しないで、その多くがのこります。

 それに加えて、ドイツではアルコール度数を上げずに途中の6~9度ほどで止めるので、
酸の影響もあり、ソーテルヌに比べると、非常に繊細さを感じます。


 ソーテルヌに関しては、酵母の限度いっぱいまで発酵させてアルコール度数を高くし、
新樽を使って発酵、熟成をするので、樽からでるポリフェノール類の渋みや、
ロースト香、バニラ香が加わって、ボリューム感が出ます。

 この点かドイツのトロッケンと、フランスのソーテルヌの違いです。


 では、ハンガリーのトカイの特徴は、というと。

長期の木樽熟成を行い、ワインを長く酸化熟成させる点にあります。
トカイの最高峰といわれたトカイ・アスーエッセンシアは、1994年からは法律で、
木樽の最低熟成期間が5年になりましたが、それ以前は、何と!最低10年という
期間が決められていました。

 長期熟成をさせると、かすかに紹興酒のような香りが混じります。

どの国でも、ワインに関しての法律を作ったり、厳しい基準を決めたりしていて、
ワインに関しては、国も動く、と考えると、単なるお酒 として済ますのは、
勿体無いような気もしますね。

 やはり、甘いワインとしては、数が多くある、ドイツ産のものがおすすめに感じます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トカイ・アスー 世界3大甘口ワインの一つ、6段階の甘さ [貴腐ワイン]

 世界3大甘口ワインとして、ボルドー地方ソーテルヌ地区産の「シャトー・ディケム」、ドイツの「トロッケンベーレンアウスレーゼ」と、こちらのワイン、「トカイ」地区で作られたトカイワインが上げられます。

 トカイ・アスーとは、通常のワインに、貴腐ぶどうを加えてつくるワインで、その貴腐ぶどうの量を表す単位として、プットニョス(貴腐ぶどう1個分=ワインの量にして約30L)というものが使われます。

 30Lって多い!って思うかもしれませんが、元のワインの製造が、130L。この内の30Lというのだから、約18.7%という事になりますね。これが6段階あるので、6プットニョスは、貴腐ぶどうが約58.06%貴腐ぶどうという事になります。貴腐ぶどうが多ければ多いほど甘みが増し、価格も高くなります。

 また、ハンガリー・トカイワインという事で、ボトルの容量が500ccというのも大きな特徴になります。ハーフサイズは250ml。

 楽天の最安値はこちら。

一般的な3プットニョスになります。


Yahoo!ショッピングでは、5プットニョスが3.580円で売られていました。
トカイ・アスー・5プットニョシュ 2001(ハンガリー・白・貴腐ワイン)極甘口

トカイ・アスー・5プットニョシュ 2001(ハンガリー・白・貴腐ワイン)極甘口



 こちらの、トカイワインの中でも、貴腐作用によって、糖度の高い、厳選したぶどうを、絞らずにぶどう自身の重みで出てきた果汁から作る、製法としては一番贅沢なワインがあります。
 中世ヨーロッパでは、「不老長寿」「王者の酒」として、貴族が先を争ってこのワインを求めたといわれています。

 その名は「トカイ・エッセンシア」。

 シンプルな見た目なんか、高価なウイスキーを思い出させますね。

過去のオークション取引を見てみると、トカイ・エッセンシアの方は8.000円台。
トカイ・アスーは4・5プットニョスが3.000円台と、いずれも安く取引がされていますが、出品本数は、月に1本あるかないかです。

 折角なので、プットニョスの違いを楽しめたらいいな、と思うようなワインです。

今ちょっとオークションを覗いていたら、思っていたよりも出品がありました。
こちらで紹介している価格と比べてみて、安く手に入るようであれば、おすすめです!

ヤフオク「トカイ・」での検索リンク。現在在庫多数ありました!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シャトー・ディケム 世界最高の極甘口白ワイン 最古のシャトーの一つ [貴腐ワイン]

シャトー・ディケム(Château d'Yquem)は、フランスのアキテーヌ地方ジロンド県ソーテルヌ村にあるリュル=サリュース家所有のシャトー(ワイン生産者)で、ソーテルヌ・ワインに含まれる。世界最高の極甘口白ワインである貴腐ワインの生産者として知られている。
数百年の歴史を誇るボルドーでも最も古いシャトーの一つである。面積は100haほど、生産されるワインは毎年秋に6万3千~7万本程度とされている。ぶどう品種は、セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%で、ぶどうは粒単位で丹念に手作業で選別され、オークの新樽で3年熟成された後瓶詰めされる。品質保持は厳密に行われ、ブドウの樹齢を高く保つことや生産を制限する為の手入れ、ここの畑から注意深く選ばれた接木を使っての2種類のぶどうの品種改良、畑に何回も通って房の中から完熟した貴腐果粒だけを摘むという特殊な摘果方法、絶対的な補糖拒否、全てオーク新樽使用、完璧さを維持する為に不作の年はイケムの瓶に詰めないスタイルを取っている。そのため生産されない年が存在し1930,51,52,64,72,74年などは造られなかった。よいヴィンテージのものは熟成に二十年以上かかるとされ、100年以上経っても、その輝きは失われないといわれている。
1855年パリの万国博覧会の際、ジロンド県産白ワイン部門の格付けで、これを凌ぐものはない最高級品ということで唯一「特別1級」に指定されている。
1999年よりLVMH(ルイ・ヴィトン、モエ、へネシー)グループの傘下に入った。
wikipedaシャトー・ディケムより抜粋

 もの凄くそそるワインですよね!世界最古のシャトーの一つ、極甘口の白ワイン。誰もが認める高級ブランドの仲間入りをしている。一度は口にしてみたいと思うワインとは、正にこのワインを言うのではないかと思います。

早速、実取引価格の調査に入っていきます。
まずは、楽天市場より。


流石楽天と言わざるを得ない商品の在庫もあります。
1962 (750ml)シャトー・ディケム 1962 (750ml)

1962 (750ml)シャトー・ディケム 1962 (750ml)
価格:211,050円(税込、送料別)



こういったワインとは不思議なもので、色々と見て知って、深さを知る度にそれを飲んでみたいと思わせる魅力がありますよね。

amazonでは、更に古い、正に歴史的逸品と呼べるワインもありました。



amazonのお値打ち商品は、こちらになります。




Yahoo!ショッピングでは、このヴィンテージでこの値段かぁ、と思う商品を見つけました。
59.800円です。
シャトー・ディケム 1986

シャトー・ディケム 1986


Yahoo!オークションの取引暦では、近年最も入札が過熱したのは、1953ヴィンテージのシャトー・デュケムで、入札が156件、最終落札額は75.000円でした!
 ほんと、日本のオークションじゃないと有りえない値段じゃないかと思います。
その他、91年ものが16.000円で落札されていたり、2002年が12.500円で落札されていたりと、値段と価値を知っている人がかなり賢く手に入れているようです。


 やはり過激化した入札背景がある中、オークションでの品揃えも非常に豊富なものとなっていますね。
買うつもりでなくても、一見の価値はあります!
Yahoo!オークション 「ディケム」の検索結果 かなりの品数です!!

 これを綺麗なお店で飲んだら、一本いくらになるのか、、、想像が難しくないですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
貴腐ワイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます