So-net無料ブログ作成
赤・スペイン ブログトップ

テンプラニーリョは天ぷらを揚げる時には使いません! [赤・スペイン]



スペイン北部より、リオハ、DOワインの、シグロ。
スペインを代表するワインです。
リオハ地方は、リオハ・アルタ、リオハ・ハバ、リオハ・アラベサの3つの地域に分かれています。
ソフトと芳醇な味わいは、フランスの赤ワインに負けないほどの仕上がり。

このワイン、ブドウはテンプラニーリョを使っているのですが、このテンプラニーリョを使ったワイン、非常に飲みやすくておすすめです。自分がお世話になった先輩と、初めて二人で一本空けたワインという事で、非常に印象深いです。

その時はエビのアヒージョ等と一緒に楽しんだのですが、会話が盛り上がったこともあったのかもしれないけど、本当に飲みやすく、スーっと入っていって、飲んだ後は、先輩と二人で千鳥足になって、あんなに気分良く酔っ払ったのは、初めてだったように思います。

当時は、革靴を履いていたので、雪で路面も凍結していて、つるつる滑ったのを覚えています。

とにかく、このシグロ、テンプラニーリョを使っているというだけで、オススメです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こんな低価格で厳しい品質基準!驚きのスペインDOCワイン エル コト ティント [赤・スペイン]

 近頃紹介しているワインが、白ワインばかりだなぁと思ったので、赤ワインを紹介したいと思いました。
 白ワインの甘口や、辛口、時にはロックで飲むのが、確かに夏はオススメです。
しかし、ワインの魅力や、お酒の魅力を感じた人は、段々とお酒を飲む事が好きになると、ぐっと腰を落ち着けて飲むには、やはり赤ワインです。
 赤ワイン好きな人は逆に、春夏秋冬関係無く、楽しみ方を知っている方が多いのではないかというイメージがあります。

 さて、今回紹介するのは、スペイン格付けされているワイン、しかも低価格なワイン。
エル・コト・ティントです。



 DOCワインには、保証マークがあり、色々な小難しい特徴があるのですが、簡単にいうと、スペイン全国のブドウ価格より150%高い、国内一環製造である事が、主な特徴として挙げられています。

 産地はスペイン北部に位置するリオハ、使っているブドウ品種はテンプラニーリョになります。
テンプラニーリョといえば、美味しいワインがあります。

 あったあった、、、しばらく探してました。今まで飲んだ、全てのワインを飲んでいるわけではないので、、^^;
 マルケス デ リスカル テンプラニーリョでした。



 こちらのワインは又、ご紹介したいと思います。

 ちなみにマルケス デ リスカル テンプラニーリョはフルボディ、エル コト ティント はミディアムボディになっておりまして、どちらも、品質は保証されたもので、そこらのワインコインワインとは、比べ物にならないような高品質のワインになります。
 どちらも価格は、なんと!1000円前後と、とても低価格になります。

 スペインの風土を感じながら、品質の高さも感じ取る事が出来、なおかつ、低価格。

 ある意味、最強のコストパフォーマンスと言えます!

ちなみに、私が以前飲んだお店での仕入れ価格が高いのか、こちらで紹介しているワインが安いのかは分かりませんが、マルケス デ リスカル テンプラニーリョについては、お店では、1本3000円で売られ(仕入れに対しては、適正価格ですね)当時働いていた先輩と二人でボトル一本を空け、ベロベロになって歩いた記憶があります。

 ちなみに赤ワインのフルボディ、ミディアムボティ、ライトボディというのは、基本的にタンニン=渋みの強さを示しています。

 濃厚なチーズや、スペイン料理の中でも生ハムや、オリーブやオリーブオイルをふんだんに使った料理なら、フルボディが良いでしょう。
 特に豪華(?)なつまみも無く、マリアージュ云々を抜きにしてワインを楽しみたいなら、ミディアムボディのエル コト ティント がおすすめですね。

 少し説明が読みづらくなってきたので整理します。
ミディアム ボディ エル コト ティント DOCワイン



フルボディ マルケス デ リスカル テンプラニーリョ(濃厚)



になります。
例えば酎ハイを缶で飲んだり、ビールも日本酒も飲むけど、少しオシャレに飲んでみたいなぁ~と思う方、是非飲みやすくコストパフォーマンス抜群なスペインワインを、一度飲んでみてください。
 美味しく、幸せに、それでいて一切薄めていない原液で飲むワイン。
 濃厚な赤ワインを是非!!
※上記は全て楽天市場からの紹介になりますので、アマゾンが買いなれている方は、多少割高になりますが、下記よりごらんください。

アマゾンが高いかと思いきや、マルケス デ リスカル テンプラニーリョは、割と低価格でびっくりしました^^;



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

王様の涙 スペイン産赤ワイン [赤・スペイン]


やっす!と思わず言葉を発してしまうようなワイン。
なんと言っても、名称が溜まりませんね。

 完全に、ラクリマ・クリスティを思い出します。
ラクリマ・クリスティとは、スペイン語で、キリストの涙がかかった葡萄の木があり、その木の葡萄から造られたワイン、という意味です。

 こんなワインが、きちんと温度管理されて、日本でも飲めるという状態、これは素晴らしいですよね!
昔、初めて日本にワインが輸入された頃は、野ざらしの状態で、ワインが輸入されていたそうで、船の上で、日光に当たり、沸騰した状態になってしまい、酸化した、美味しくないワインだったそうです。
 それを美味しい状態で持ってくるにはどうしたらいいか、という事を考え、コンテナに入れての輸入を開始したみたいですね。

 それでもまだまだ、温度管理でいうと厳しい部分があるのかもしれません。
よく、輸入関連でも、関税を通るかどうかで、かなり時間がかかる事もあるそうですし。


 東日本大震災以来、円高状態は続いていますが、日本に、モノが入ってこなくなる状態になったりしています。
 本当に安いワインが飲めるのも、いつまで続くか分かりませんが、本当に今は、日本に居ながらにして、世界中のワインが飲める状態だと思います。

 今の機会に、是非!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バルデモンテ・レッド [赤・スペイン]



 10月17日の水曜日までの、限定価格のワイン!
赤のスペインワインで、フルボディです。見た目から言っても、そこらの安いウィアンよりは、結構な味だと
思います。

 今回、何故このワインを紹介したのか。ですが、
やはり寒い時に飲みたいのは、赤ワインだと思うんですよね。

 そして、人気も去る事ながら、その評価を見て欲しいんですよね。

 それに、1本あたり、400円程度。
この価格で、それなりの味がするワインを飲める時代になったんですよねぇ。

 国産で、元から安い、どこが産地だかよく分からないようなワインで、
葡萄の種類すら分からないワインならば、いくらでも安いものはあるんですが。


 自分が働いている環境でも、様々なワンコインワインを取り揃えておりますが、
その中でも優秀なワインといえば、こちらになります。

デル・ソル カベルネソーヴィニヨン

 こちらのワイン、自分が飲んでも美味しいので、オススメする際にも、気合が入るんですよね。
そして、やっぱり、リピーターが多いのが特徴的です。
 まだまだ、これからも美味しいワインの紹介をしていきたいですね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボルサオ セレクション ティント [赤・スペイン]

ボルサオ セレクション ティント

ボルサオ セレクション ティント
価格:1,390円(税込、送料別)



 スペインはモンカイヨ地方より、地元の葡萄をメインに使ったワイン、ボルサオ セレクション ティントのご紹介です。
 こちらのワイン、ガルナッチャが70%、シラーが20%、テンプラニーリョが10%となっております。
では、メインのガルナッチャって、どんな葡萄なんでしょうか?
 ちょっと調べてみた所、ガルナッチャ、というのは、スペイン語の読み方で、フランス語で読むと、グルナッシュというみたいですね。グルナッシュというと、聞いた事がある人も居るのではないかと思います。

 フランスは、ラングドック地方が発祥の地と言われ、カンノナウと呼ばれる高級ワインによく用いられるぶどう種。本来、ガルナッチャとは、ガーネットの事を指していて、アルコール度数は高いものの、強い酸味、弱い渋みで、口あたりはソフトで、スパイスの効いた香りや、きのこのような香りをしているといわれています。

 こういわれると、なんか微妙な気もしますよね。
 きのこは、食べては美味しいですけど、飲み物から感じるきのこ臭って、微妙なような・・・。

 ちょい飲みにしては、結構いい値段がするので、ぶどうの勉強をするのには、良いかもしれませんね。

 また、こちらはインポーターが有名なメルシャンさんですが、そちらのHPでは、世界のワイン評論家が賞賛する、価格からは想像できないハイレベルなワイン、と書いてあります。

 しかし、ロバート・パーカーなどの名前が出ていない所を見ると、美味しい!と感じる人も居るよ~って事だと思います。

 今や、低~中価格帯のワインの、代名詞ですからね。「価格に比べて美味しいワイン」というのは。

 私が読んでいるハンドブックには、「ワインの価格は、癖の強さで決まります。誰にでも受け入れられるワインは安く、癖が強くなればなるほど、高価格になります。」というような内容の記述もあります。

 自分としては、ワインコイン(500円)以上の商品を色々と飲んでみて、そこから好みを発見していけばいいのではないかな、と思います。

 自分ではまだテイスティングしていませんが、ロジャー・グラートという、ドンペリに勝ったと言われるワインも、余りワイン通とはいえない人が目隠しでテイスティングして、「こっちが美味しい(飲みやすい)」と言ったワインですからね。
 知り合いのソムリエが言うには、「甘い」と一言で済まされていましたし。
 やはり、甘口=飲み易い、というのはあるようですね。


 さて、長くなってしまいましたが、ネット上での相場を見てみたいと思います。
あ、それと最後に一つ、こういったワインをボトルで買うのは、それだけで非常にお買い得だという事です。
通常、飲食店などで飲むグラスワインは、この値段の2~3倍の値段になります。

 もちろん、レストランやホテル等で支払う、「サービス料」が入っている、という事もあります。
そして、酒屋、コンビニ、スーパーなどの酒類販売コーナーで買うと、大体この値段の1.2~1.5倍ほどですからね。

 全て、メーカー小売価格のようなものがあって、それは大体、仕入れの2~4掛けで売られています。
現地での買い付け、船便での輸入、そしてそこから酒販店への卸、そして飲食店への卸と、3箇所も4箇所も通しますからね。

 ですから、送料にさえ気をつければ、ネットでの買い物はお買い得という事になります。
また、全く別の商品を紹介している、通販のブログを見た事があるのですが、自分で買いに行く手間とコストを考えると、或いは送料が入っていても安いのかもしれませんね。

 また、お店に行って買うと、それだけ、っていうのは中々買ってこれませんからね。
自分としては、このネットでワインを買う、という事、結構気に入っています。

○アマゾン市場 1990円

ボルサオ セレクション

○ヤフーショッピング 1400円~
ボルサオ セレクション

○楽天市場 1390円~
ボルサオ セレクション

今回も、有名なインポーターの商品であって、市場に商品が結構な数が出回っていることから、楽天市場の優勝になりました。
 色々と長々と書きましたが、色々とワインに触れて、自分に合ったワインを飲めるようになれば、良いと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
赤・スペイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます